【スーパーファミコン】隠れた良作シューティングゲーム10選
Pocket

今回は、意外と知られていない

スーパーファミコン隠れた良作シューティング10選

についてお伝えしていきます。

スーパーファミコンには、一般的にはあまり知られていない名作シューティングゲームも、まだまだたくさんあります。

ほとんどが出荷本数が少なく、今となっては中古価格も高騰していますが、

興味のある方は是非一度、試してみてください。

 

スーファミソフト隠れた良作シューティング10選

 

ブレイゾン

1992/7/24

アトラス 8800円

特定の敵の機体を乗っ取りパワーアップしていく、ちょっと珍しい設定の横シューティングゲーム。

敵の機体によってショットも異なる為、その時に有利な機体を選ぶ必要があります。

自機が大きいせいか被弾しやすく、難易度もそれなりに高いゲーム。

名作とまではいかないまでも、それなりに楽しめる良作品。

 

ファランクス

1992/8/7

ケムコ  8900円

X68000用のゲームとして開発された、横シューティングゲームの移植。

武器が自由に変えられるなど、スーファミユーザー向けに遊びやすく改良されています。

硬派なシューティングとして、意外とファンが多い良作品。

 

機動装甲ダイオン

1992/12/14

ビック東海  8500円

当時、トランスフォーマーなどのイラストを手掛けていた、スタジオOXがキャラデザインを務めた縦シューティングゲーム。

地球侵略を企てる敵を倒していくという設定。

敵を倒して経験値が貯め、レベルが上がるとショットがパワーアップしますが、被弾するとレベルダウンします。

雰囲気的には、武者アレスタに近い印象を受けますね。

 

バイオメタル

1993/3/19

アテナ  8980円

知る人ぞ知る、マイナーだけど評価が非常に高い作品。

メインショットとミサイルの他に、自機のバリア、敵の攻撃など攻守にわたって活躍するG.A.Mが、本作の最も大きな特徴。

これを使いこなせるようになると、面白さが分かってきます。

隠れた名作でしたが徐々に知られるようになっていき、今となっては中古価格もかなり高額。

スーパーエアダイバー

1993/7/16

アスミック  8900円

メガドライブで発売された、同名タイトルのスーファミ移植作品。

空中用、地上用、2機のマシンで敵と戦闘を行っていきます。

スピード感あふれる良作品で、アフターバーナー系の3Dシューティング好きにはおススメの一品。

夢迷宮アドベンチャー コットン100%

1994/4/22

データム・ポリスター  9300円

アーケードでも人気だった、横スクロールシューティングゲーム。

セガ版のコットンは有名ですが、それがスーファミでも発売されていたことを知っている人はそれほど多くはいないでしょう。

スーファミユーザーに合わせてか、難易度もかなり下がっているので、シューティングゲームが苦手な方でも遊びやすくなっています。

今なら中古価格もそこまで高くないので、欲しい方は今のうちに手に入れておいた方がよいでしょう。

 

スーパードッグファイト

1994/6/24

パックインビデオ  9800円

非常にリアルな設定の3Dシューティングゲーム。

F-14を操り、中東で様々なミッションをこなしていきます。

特に着艦シーンなどは迫力があります。

戦闘機好きの方は、楽しめるはず。

 

ヤムヤム

1995/2/17

バンダイ 9800円

地底王国の王子が、不思議な生き物ヤムヤムと世界平和のために奔走する、3DシューティングRPG。

3Dシューティングステージで敵を倒して経験値を貯め、レベルを上げていく内容。

他にはないちょっと面白い設定の3Dシューティングで、好みは分かれますが中々楽しめる良作品。

 

ジャングルストライク

1995/9/22

エレクトロニックアーツビクター  9900円

戦闘ヘリや戦闘機などで、様々なミッションをこなしていくシューティングゲーム。

様々なゲームに移植されている作品で、洋ゲー好きの方にはわりと有名ですね。

慣れるまでは操作が大変ですが、やり応えのある作品でした。

スプリガン・パワード

1996/7/26

ナグザット 9800円

PCエンジンで発売された、スプリガンシリーズの3作目。

さすがにこの頃にもなると、グラフィックも綺麗ですね。

オーソドックスな横シューティングですが、従来のシリーズファンからは残念ながら不評だった
作品。

先入観がなければ、それなりに楽しめます。

但し、スーファミ後期の作品だけに、中古市場価格も約2万円ほどと高額。

 

【こっちもお薦め!】