Pocket

今回は、駿河屋やAmazonなどの中古市場で高額なソフトについてお伝えしております。

ほとんどが、出荷本数が少なくなったスーファミ後期の作品です。

知名度が低いので、

見たことも聞いたこともない!

という方も多いでしょう。

知名度が低い割には意外と面白く、しかし、やりたくても中々中古市場でもお目にかかれない・・・、

値段が高くなるのも分かる気がしますね。

ちなみに、高額なプレミアソフトを購入する際は、信頼のおけるお店から買うようにしましょう。

高額ソフトを謳っておいて、実は全く別の物や、箱だけ、コピー商品なども普通に出回っております。

特にAmazonで購入する際は、最低限、出品者の情報や連絡先の有無、評価や他の販売商品なども十分チェックしておきましょう。

日本語がおかしかったり、明らかに自動翻訳ツールのような表示、連絡先が外国の場合は、避けた方がよいです。

私も何度かその手のトラブルに遭ったことがありますのでご注意ください。

中古価格は、この時のAmazonの出品価格を参考に紹介しております。

駿河屋の、箱あり、説明書有は、ビックリするくらい高額なので、興味のある方は、駿河屋でも検索してみてください。

スーファミ激レアソフト特集

 

アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士

1995/2/10

ポッポ 9800円

中古市場参考価格 約4500円

最強の傭兵が人類の存亡をかけて戦うという設定のベルトアクションゲーム。

多少粗削りなとこもありますが、アイテムなども多く、ベルトアクション好きの方は十分楽しめる内容。

以前は数万円以上していましたが、最近はだいぶ価格が下がったようですね。

奇々怪界 月夜草子

1994/6/17

ナツメ 9500円

中古市場参考価格 約1万円

ナツメの人気アクションシリーズ、奇々怪々の2作目。

今回から仲間がオプション扱いとなり、合体など様々なアクションが可能となっています。

初心者の為のチュートリアルもしっかりあり、難易度も控えめで初めてでも遊びやすいです。

安かったら買っても良いですが、1万円を出すほどの価値があるかどうかはその人次第ですね^^;

迦楼羅王

1994/2/28

エピックソニーレコード 8900円

中古市場参考価格 約1万円

インド神話を題材とした横スクロールアクションゲーム。

壁を登ったり分身したりと、忍者龍剣伝的なアクションが特徴。

知名度は低いですが、操作性も良い佳作。

出荷本数が極端に少ないせいか、中古市場でもほとんどお目にかからないレア作品の為、価格も高騰しています。

バイオメタル

1993/3/19

アテナ 8980円

中古市場参考価格 約12800円

攻守兼用のG.A.Mが特徴の横スクロールシューティング。

通常ショット、ミサイルの他にも、バリアになったり攻撃にも使えるG.A.Mの使い方が攻略の鍵となります。

シューティングゲームとしては無難にまとまっており、それなりに楽しめます。

雰囲気的には、どことなくR-TYPEに似ていますね。

やれば意外と面白いですが、やらなくても全く問題ありません。

少年忍者サスケ

1994/10/28

サンソフト 9800円

中古市場参考価格 約13500円

ギャグありでゆる~く進む、忍者アクションゲーム。

くにおくんのスタッフが開発に携わったということもあり、どことなく、くにおくんに近い印象もありますね。

イベントやレベルアップがある「クエストモード」とアクションがメインの「アクションモード」から選ぶことができます。

中々の良作品で、これでスーファミ初期に発売されていたら、もっと知名度は上がっていたでしょうね。

であえ殿様あっぱれ一番

1995/3/31

サンソフト 9800円

中古市場参考価格 約16000円

バカ殿とバカ王子が主人公という異色のアクションゲーム。

敵を倒し、パワーが貯まるとなぜか筋肉ムキムキになって敵をフルボッコに出来ます。

見た目通り、かなりおバカなゲーム。

しかし、バカゲーであっても、クソゲーではなく普通に楽しめる良作品です。

当時、あのパッケージのゲームを定価で買える子は、よほど資金に余裕があるか、冒険心、好奇心旺盛な子でしょうね^^;

中古市場価格は高いので、そこまで出す価値があるかどうかは疑問ですが、ゲームとしては悪くない出来。

MIGHTY MORPHIN POWER RANGERS


1995/11/24

バンダイ 9980円

中古市場参考価格 約16000円

日本の戦隊ヒーロー「ジュウレンジャー」をリメイクした、海外版「パワーレンジャー」を題材としたアクションゲーム。

子供向けと思いきや、中々よくできた作品で、大人でも普通に楽しめます。

攻撃方法の異なる5人から一人選び、後半は巨大ロボで戦うなど、バラエティにも富んでいます。

やはり、出荷本数が極端に少なかったせいか、中古市場価格は高め。

この頃は既に世間は、プレステ、セガサターンなどの第5世代ゲーム機に移行していたので、スーファミの新作は全く注目されませんでしたよね。

ノーマーク爆牌党 史上最強の雀士達

1995/9/29

エンジェル 10800円

中古市場参考価格 約17000円

ギャンぶらぁ自己中心派やスーパーヅガンなどでお馴染みの、片山まさゆき氏の漫画を題材とした麻雀ゲーム。

原作どおりの打ち筋をする、17人と対戦します。

麻雀ゲームとしてはオーソドックスな内容で、初心者向けのレッスンモードもあります。

しかし、原作ファンには良いですが、スーファミには他にも安くて良い麻雀ゲームはたくさんあるので、ファンやコレクター以外は、大金を出してまで買うほどではないでしょう。

スーファミの麻雀ゲームなら、「極シリーズ」を買っておけば間違いないですね。

ワイルドガンズ

1994/8/12

ナツメ 9200円

中古市場参考価格 約17000円

照準を操作しながら、敵を撃ちまくる爽快なガンシューティングゲーム。

西部劇とSFが合わさったような世界観が特徴で、二人同時プレイもできます。

さすがに中古市場価格も高騰するくらい良作品で、名作と言っても過言ではない出来。

リメイクされたことで一時期よりは値段が下がってきましたが、それでもまだまだ中古市場価格は高額。

ニンテンドーswitch版なら1800円で購入できるので、コレクター以外は、今からやるならswitch版がおすすめです。

アンダーカバーコップス

1995/3/3

バリエ 9800円

中古市場参考価格 約2万円

アーケードで人気だったベルトアクションゲームの移植。

スーファミにしては良移植で、アーケードとそれほど遜色なく遊べますが、残念ながら2人同時プレイはできません。

アーケードで一時期流行ったので、ゲーム自体は知っているが、この作品がスーファミで出ていたと知っている方は多くはいないはず。

それくらい出荷本数が少なく、今となってはかなり希少な作品。

魔獣王

1995/8/25

KSS 10800円

中古市場参考価格 約2万円

血が噴き出し、グロい魔物が多数登場するアクションゲーム。

往年のジャンプファンには、ゴッドサイダーみたいな世界観、といえば分かりやすいかもしれませんね。

そのグロいキャラデザインや高難易度な内容に、好みは分かれるかもしれませんが、アクションゲームとしてはいたってシンプルで、普通に楽しめます。

以前、ゲームセンターCXの#260でも課長が挑戦していましたが、ソフトがあまりに高額だったため、スーパーポテト秋葉原店さんからレンタルしてもらったと言っていました^^;

ちなみに、その時の放送では64800円と紹介されていました、高っけー^^;

Amazonでは本体のみで2万円ほどでしたが、駿河屋などでは、今でも箱付き、説明書付きでそれくらいで取引されています。

Amazonでプレミアソフトを購入する際は、十分注意してください。

スパイダーマン リーサルフォーズ

1995/3/17

エポック社 9800円

中古市場参考価格 約5万円

スパイダーマンのアクションゲームで、海外版は、The Amazing Spider-Man: Lethal Foes

壁を登ったり、天井に張り付いたりなど、スパイダーマンお馴染みのアクションが可能。

悪くはありませんが、そこまでの金額を出すほどのゲームでもありません。

コレクター以外は、必要なさそうですね。

レンダリング・レンジャーR2

1995/11/17

VIET 10800円

中古市場参考価格 約53000円

SF近未来の世界観のアクションゲームで、超プレミアソフトとしても有名な作品。

アクションステージとシューティングステージに分かれており、スーファミの性能をフルに使った高グラフィックなどが特徴。

海外で制作された洋ゲーにも関わらず、日本でしか発売されなかったゲームで、それもあってか本数は極端に少なく、中古市場価格は未だに超高いです。

妖怪バスター ルカの大冒険

1995/6/9

角川書店 10800円

中古市場参考価格 約54000円

マル勝スーパーファミコンで看板娘として活躍していたルカが主人公のアクションゲーム。

何でも吸い付くエンマ大王の首を使い、敵を吸い寄せて吐き出したり、壁や天上に張り付いたりします。

他にはない多彩なアクションが面白く、今遊んでも十分楽しい設定ですが、いかんせん高すぎて中々手が出ません^^;

あと数年早く発売されてたら、今頃名作として語り継がれていたかもしれませんね。

マジカルポップン

1995/3/10

パックインビデオ 9800円

中古市場参考価格 約9万円

今回紹介するゲームで、最も中古市場価格が高額な作品

今は亡き飯島愛氏が主人公のキャラクターボイスを務めるなど、かなり希少なゲームです。

任意スクロールで進み、ステージ最後のボスを倒して次のステージへという、アクションゲームとしてはオーソドックスな流れ。

こういう中古市場価格が高額なプレミアソフトほど、今のゲーム機でリメイクしてもらいたいですよね^^;

 

こっちもおすすめ記事