スーパーロボット大戦シリーズの歴史(プレステⅠまで)
Pocket

当時の少年たちにとって、ロボットアニメは無くてはならないものでした。

ガンダム、ダンバイン、エルガイムなどのサンライズアニメはもちろん、マジンガーZ、ゲッターロボなどなど、おもちゃやプラモデルで遊んだ方も多かったことでしょう。

そのロボットたちが戦ったら誰が一番強いのか、もしロボットたちが共演したら・・・と妄想した子も多かったはず。

そんな少年たちの夢を叶えたのが、まさにスーパーロボット大戦!

今でいう、アベンジャーズみたいな印象ですよね。

今回は、そんな少年たちの憧れ、スーパーロボット大戦の歴史、まとめについてお伝えしていきます。

個人的にハマったのはプレステまでなので、今回はプレステで発売されたゲームまで紹介です。

スーパーロボット大戦が大好きだった方は、是非見ていって下さい。

 

スーパーロボット大戦シリーズの歴史

 

スーパーロボット大戦

1991/4/20

ゲームボーイ

3980円

今なお続く人気シリーズ、スーパーロボット大戦の歴史は、ゲームボーイから始まっています。

ガンダム、マジンガーZ、ゲッターの3チームから選び、洗脳されたロボットを救出するというお話。

ロボットのシミュレーションRPGというのは初期から確立されていますが、この頃はパイロットの概念がなく、ロボットに人格がある設定。

また、基地制圧などもあり、通信ケーブルを使用しての二人対戦も可能。

初期の作品は、どちらかと言うとSDガンダム ガチャポン戦士に近い内容でした。

第2次スーパーロボット大戦

1991/12/29

ファミコン

8200円

ロボット大戦シリーズの2作目で、今回からようやくパイロットも登場。

シリーズの敵軍としてもお馴染みの、DCが登場したのもここから。

母艦や修理機能などもここからスタートし、まさにシリーズの方向性が決まったのも本作からといってもいいでしょう。

権利取得関係でお金がかかったのか、ファミコンにしてはチョットお高いですよね~。

第3次スーパーロボット大戦

1993/7/23

スーファミ

9800円

ロボット大戦シリーズ3作目にして、スーファミ初作品。

ガンダム0080、0083、ライディーン、コンバトラーVが今回から初参戦。

登場するロボットアニメ16作品となり、シナリオも大幅に増えています。

また、パイロットを乗り換えできるのも、ファンには嬉しい設定でしたね。

ロボットアニメのゲームと聞くと簡単そうにも思えますが、この第3次はシリーズ屈指の難易度をほこる作品としても有名。

シロッコやハマーンに攻撃が全く当たらず、苦戦した方も多かったでしょう。

隠しキャラやパイロットなどもあり、やり応えも抜群。

2~3周は楽しめますよね。

私の記憶が正しければ、ロボット大戦シリーズの人気が出始めたのは本作からだったはず。

 

スーパーロボット大戦EX

1994/3/25

スーファミ

9800円

オリジナルキャラのマサキ、リューネ、シュウの3人が主人公の外伝的な作品。

第3次が終了した後のお話で、地上とは別の異世界を救う内容。

異世界繋がりか、今回からダンバインが初登場。

ダンバインは初代から登場してそうなイメージでしたが、意外にも4作目からだったんですね。

難易度「むずかしい」のシュウの章は、ほんと難しかったです^^;

プレステなどでもリメイクされているので、今から遊ぶならそちらの方がよいでしょう。

 

第4次スーパーロボット大戦

1995/3/17

スーファミ

12800円

ロボット大戦シリーズ5作目で、長く続いた争いの一応の完結編。

エルガイムやダンクーガが登場したのも本作から。

今回から、主人公とサブ主人公の設定が可能。

システムも大きく改良され、後のシリーズは本作を踏襲する形となっています。

この後の作品にも大きな影響を与えた名作。

 

第2次スーパーロボット大戦G

1995/6/30

ゲームボーイ

5980円

ファミコン版、第2次スーパーロボット大戦のゲームボーイリメイク作品。

当時の広告としては、「真の第2次スーパーロボット大戦」と表記されており、シリーズの正史としても扱われています。

この後の続編でも度々この時の事が語られていることから、シリーズの中でも特に重要な戦いだったことが窺われますね。

ゲームバランスも良く、難易度も低めなので、初めての方で遊びやすい内容でした。

 

スーパーロボット大戦F

1997/9/25

サターン

6800円

セガサターン初のロボット大戦シリーズで、スーファミ版第4次のリメイク作品。

初めはサターンで発売され、翌年の98年12/10には、プレステでも発売されています。

ストーリーは第4次ですが、

エヴァンゲリオン

イデオン

トップをねらえ

が今回から参戦。

特に、エヴァの参戦には胸が熱くなったことをよく覚えています。

また、エヴァの初号機が強いんですよ^^

アニメと同じようにパイロットが叫ぶのは、面白かったですね~。

しかし、これからっていうとこで終了するので、当時はブーブー文句を言ってましたw

 

スーパーロボット大戦F 完結編

1998/4/23

セガサターン、プレステ

6800円

タイトル通り前作Fの続編で、今回でようやく一つの戦いに区切りがつきます。

続編ですが、顔グラフィックが変更されたり一部、改良されています。

また、セガサターン版のみ、誕生日にゲームを起動すると登場人物から祝福してもらえるオマケ付き。

 

スーパーロボット大戦COMPACT

1999/4/28

ワンダースワン

ワンダースワン初のロボット大戦シリーズで、COMPACTシリーズの第一作目。

ルート分岐は無く、シナリオは1本道を進みます。

2001年には、一部システムやゲームバランスが見直された

スーパーロボット大戦COMPACT for onderSwanColorも発売。

 

スーパーロボット大戦 コンプリートボックス

1999/6/10

プレステ

7140円

第2次、第3次、EXが一つにまとまった作品。

システムはFのものに統一されており、遊びやすくリメイクされています。

また、オリジナルムービーや資料が観れる、オマケディスクも同梱されており、ファンには嬉しい内容でした。

 

スーパーロボット大戦α

2000/5/25

プレステ

7329円

スーパーロボット大戦の新たなシリーズ。

シリーズ初のフルアニメーション作品で、戦闘はより激しく、熱くなっています。

そして、今回で最も注目すべき点が、あのマクロスが初参戦している事。

当時から、マクロスはなぜ参戦しないんだ!

と思っていましたが、ようやく出てくれましたね。

初参戦だけあって、バルキリー部隊がメッチャ強かったですw

敵の弾はほとんど当たらず、1機でガンガン倒していくのは頼もしかったです。

その代わりHPが極端に少ないので、当たれば即死ですが^^;

 

スーパーロボット大戦COMPACT2

第1部:2000年3月30日

第2部:2000年9月14日

第3部:2001年1月18日

スーパーロボット大戦COMPACTシリーズ2作目で、今回は第1部から第3部まで、それぞれ分かれて発売されています。

 

COMPACT2とはなっていますが、1からのストーリー上の繋がりは無く、本作単体から始めても問題ありません。

後に、全部まとめたスーパーロボット大戦IMPACTがプレステ2で出ますので、今から遊ぶならそちらの方がおススメ。

スーパーロボット大戦α外伝

2001/3/29

プレステ

7329円

αシリーズの2作目で、前作は難易度が低いと言われていたせいか、前回よりは難易度が上がっています。

今回から、ザブングル、∀ガンダム、ガンダムXなどが初参戦。

ザブングルは分かりますが、∀ガンダム、ガンダムXあたりになるとガンダムアニメは見たことがないので、愛着が湧かなかったですね~。

この辺りから登場するロボットも分からなくなり、スーパーロボット大戦への熱も冷めて行きました。

やっぱ、見ていたアニメじゃないと燃えませんよね。。。

 

こっちもおすすめ記事