【セガサターンソフト】名作格ゲー特集
Pocket

今回はセガサターンで発売されたソフトの中で、個人的に

この格ゲーが熱くてオススメ!

という名作対戦格闘ゲームについて紹介していきます。

格ゲーが苦手であまり得意ではない私も、当時はよく遊んだものです。

セガサターン好きの方、格ゲーが好きな方は、是非見ていってください。

セガサターン個人的おすすめ!名作格ゲー特集

 

バーチャファイター

1994/11/22

セガ  8800円

セガサターンの名作格ゲーといえば、本作を紹介しないわけにはいきませんよね。

3Dポリゴン格ゲーブームの火付け役で、本作の登場から徐々に他社からも3D格ゲーが発売されていきました。

今見ると、いかにもポリゴン!といった粗いブロックですが、当時は驚いたものです。

当時はゲーセンでも1プレイ200円と高価だったため、そう何度も遊べませんでしたね。

バーチャファイターが家で何度でも遊べる!

と本作がやりたいがために、プレステではなくセガサターンを購入した子も、きっと多かったことでしょう。

バトルモンスターズ

1995/6/2

ナグザット  5800円

怪物や魔物たちが、魔界トーナメントの優勝を目指して戦う対戦格闘ゲーム。

グロイ表現があるせいか、18歳以上ゲームとなっています(エロではありませんのでご注意)

モータルコンバット的な洋ゲーっぽいですが、開発は日本なので日本人にとって遊びやすく作られていますね。

実写取り込みですが、動きは滑らかで操作性も快適。

高低差があるなど個性的なステージも多く、見た目からクソゲー臭が漂いますが、意外と面白い作品。

知名度は低いですが、一部からは非常に評価が高かったようです。

中古も安いので、興味のある方は一度試してみてください。

バーチャファイター2

1995/12/1

セガ  6800円

大ヒット3Dポリゴン格ゲーの2作目で、セガサターン初のミリオンヒット作品。

もはや知らない人はいないくらい、アーケードやサターン版でも大ヒットでしたね。

セガサターンユーザーのほとんどの方が、本作を所有していた印象があります。

バーチャファイターの対戦人気に火が付いたのは、本作からでしたね。

シリーズの中で、個人的に最もハマった作品なので特に思い入れも強いです。

今遊んでも古臭さを感じない、色褪せない名作と言えるでしょう。

ヴァンパイアハンター

1996/2/23

カプコン  5800円

カプコンの人気格ゲー「ヴァンパイア」シリーズの2作目。

今回から、ダークハンターのドノヴァンと、キョンシーのレイレイが参加。

サターン版は移植度も高く、アーケードと同じように楽しめます。

シリーズの中でも特に評価が高く、完成度の高い作品。

個人的に、ヴァンパイアシリーズを良く遊んでいたのは、ここまででした。

ストリートファイター ZERO2

1996/9/14

カプコン  5800円

ストリートファイターZEROシリーズの2作目で、個人的に当時大好きだったサクラが初登場した作品。

オリジナルコンボなど、新しいシステムも色々追加されていますね。

初心者でも遊びやすい、非常に完成度の高い作品。

当時は赤いブルマを見るために、サクラばかり使ってました( *´艸`)

サムライスピリッツ 斬紅朗無双剣

1996/11/8

SNK 5800円

サムライスピリッツシリーズ3作目で、今回からキャラクターやグラフィックも大幅に変更されています。

修羅と羅刹が選べたりなど色々システムが追加されていますが、その分、初心者には非常に分かりにくい仕様になりましたね。

賛否両論ある作品ですが、好きな人はハマる内容でした。

ファイターズメガミックス

1996/12/21

セガ 5800円

バーチャファイターとファイティングバイパーズのキャラが登場する、一つで二度おいしい作品。

また、隠しキャラも多く、一人でも対戦プレイも楽しいですね。

SEGA AGESなどでも是非復刻してもらいたいのですが、

本作は中々リメイクしてもらえません( ノД`)シクシク…

ファイターズヒストリー・ダイナマイト

1997/7/4

セガ 5800円

ファイターズヒストリーの2作目で、今回は総勢11人のキャラが登場します。

ストⅡの二番煎じ感もありますが、格ゲーとしてはそれなりによくできており、好きな人も多いです。

ただし、当時は似たような二番煎じの格ゲーは世に溢れており、本作もあまり注目はされていませんでしたね。

サターン版は移植度も非常に高く、ファンからの評価も高いです。

ザ・キングオブファイターズ97

1998/3/26

SNK 5800円

KOF95から続く、オロチ3部作の最終章。

今回から新システムのアドバンスモードと、従来シリーズのエキストラモードから選択が可能。

サターン版は、ラスボスのオロチもプラクティスモードのみ使用可能。

シリーズもたくさんあり、どれがどれだか分からなくなりますが、確かこの辺りが特に人気だった記憶があります。

このゲームをやるとキャラが多すぎるのも、いかがなもんか・・って思いますね^^;

MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER

1998/10/22

カプコン 5800円

マーヴェルスーパーヒーローと、カプコンのストⅡキャラが登場する格ゲー。

2VS2のタッグマッチで戦う内容で、二人同時のヴァリアブルコンビネーションなども迫力がありましたね~。

また、当時のテレビ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の企画キャラ「ノリマロ」も国内版のみ登場。

キャラクターボイスもノリさん本人が担当するなど、今となっては貴重なキャラで、当時は友人たちと笑いながら楽しんだものです。

しかし、マーヴェルからは、

「こんな奴にうちのスーパーヒーローが負けるはずないだろ!」

っと、かなり怒られたらしく、海外版には登場しません^^;

確かに、番組も企画も分からず、日本のこういう悪ノリは海外では理解されないでしょうねw

 

格ゲー記事ならこっちもオススメ!