めっちゃ売れた!セガサターンソフト売り上げ特集
Pocket

今回は、

当時めっちゃ売れたセガサターンゲーム

についてお伝えしていきます。

大人気だったので、これがやりたいがために、当時セガサターンを買った人も多かったはず。

セガサターンのゲームの中でも、特に売れたゲーム、人気ゲームに興味のある方は、是非見ていって下さい。

 

セガサターンソフト 売り上げランキング

 

ストリートファイターZERO2

1996/9/14

カプコン 5800円

売り上げ 約30万本

人気格ゲー、ストⅡZEROシリーズの2作目。

後に人気キャラとなる、女子高生のサクラが追加されたのもここから。

アーケードでの人気もあり、セガサターン版も移植度が高く大ヒットとなりました。

当時はサクラが好きすぎて、彼女の赤いブルマを観賞するためにサクラばかり使ってましたね~w

あの頃は若かったヽ( ・ω・ )ゝ

 

電脳戦機バーチャロン

1996/11/29

セガ 5800円

32万本

こちらもアーケードで大人気だった3D対戦ゲーム。

アーケードは2本の操縦桿での操作が特徴でしたが、サターン版も別売りのツインスティックを購入することでアーケードと同じように楽しむことが出来ます。

ガンダムファンにはお馴染みの、カトキハジメ氏が機体デザインをしたことでも有名ですね。

当時は、サターン意外には移植されていませんので、これがやりたくてサターンを買った人もきっと多かったはず。

 

ヴァンパイアハンター

1996/2/23

カプコン 6800円

34万本

アーケードで人気だった対戦格闘ゲーム2作目。

モンスター同士が闘う内容で、同社のストⅡシリーズとは一味違います。

移植はサターンのみでプレステには移植されなかった為、かなり売れたようですね。

 

ファイティングバイパーズ

1996/8/30

セガ 6800円

36万本

バーチャファイターと同じような3D対戦格闘ゲーム。

バーチャファイターとの違いは、アーマーの概念があること。

上下のアーマーが破壊されると、防御力も低下します。

また、ペプシマンなどの隠しキャラが登場するのも、当時は話題でしたね。

 

ときめきメモリアル~forever with you~

1996/7/19

コナミ 6800円

37万本

恋愛シミュレーションゲームの金字塔とも呼べる、一時期大ブームとなった作品。

PCエンジン、PS、スーファミなど、様々なプラットフォームに移植されているにもかかわらず、どの作品もかなり売れております。

特にプレステ版は55万本も売れたそうで、本作の経済効果は相当なものだったんでしょうね。

ちなみに、個人的には、1位は清川さんで、2位は虹川さんでした(*’ω’*)

できれば、このシステムで女子プロレスラー版を作ってもらいたいものです。

キューティ鈴木氏か、井上貴子氏で迷いますね~、でも、やっぱアジャコングかブル中野かな( *´艸`)

新世紀エヴァンゲリオン 2nd Impression

1997/3/7

セガ 6800円

38万本

当時大人気だったアニメ、エヴァンゲリオンのアドベンチャーゲーム。

選択肢のあるアニメーションのムービーと、コマンド入力の戦闘シーンで進行していきます。

転校生の山岸マユミルートなど、オリジナル要素もあり。

この頃は、エヴァと付くだけで何でも売れていたんでしょう。

エヴァって、つい数年前と思っていたら、いつの間にかもう25年も経っていたんですね^^;

 

NiGHTS

1996/7/5

セガ 5800円

39万本

夢の世界で自由に空中を飛び回るソニックチーム開発のアクションゲーム。

独特の操作と浮遊感が爽快で、当時は大人気でしたね。

セガサターン屈指の名作としても有名で、冬季限定のクリスマスナイツも発売されました。

 

サクラ大戦2 君、死にたもうことなかれ

1998/4/4

セガ 6800円

50万本

人気シミュレーションゲーム、サクラ大戦の2作目。

前作から1年後が舞台で、大神少尉が再度、帝国歌劇団へ配属となったところからストーリーは始まります。

ちなみに、1作目のサクラ大戦も35万本と言う大ヒットを記録しています。

スーパーロボット大戦F 完結編

1998/4/23

バンプレスト 6800円

51万本

前年に発売されたロボット大戦Fの後編。

前作は途中で終わってしまい、モヤモヤした人もきっと多かったことでしょう。

今回でようやく長かったストーリーも完結します。

前作のスーパーロボット大戦Fも46万本も売れた大ヒットシリーズになりました。

この後のαも相当売れましたが、ロボット大戦シリーズが人気だったのはこの辺りがピーク。

残念ながら、それ以降はどんどん人気は落ちてきました。

若い人向けに新しいロボットを登場させても、そもそも若い世代の人口が少ないから仕方がないですよね^^;

FIGHTERS MEGAMiX

1996/12/21

セガ 5800円

52万本

セガの人気3D対戦格闘ゲーム「バーチャファイター」とファイティングバイパーズのキャラが対戦する

ファンにとっては夢のような作品。

普通に対戦するモードの他にも、チームバトルなど色々あります。

今のゲーム機で、リメイクや復刻してもらいたいですね。

 

セガラリー・チャンピオンシップ

1995/12/29

セガ 5800円

60万本

世界ラリー選手権を題材としたレースゲーム。

3Dポリゴンで車や背景、路面なども上手くに表現され、よりリアルな走りを体感できます。

今となっては普通ですが、当時は驚きましたね~。

後にドリキャスで、セガラリー2が発売されるなど、セガラリーゲームの礎を築いたといっても過言ではない名作。

売れるのもよく分かります。

レースゲームなら、デイトナUSAの方が売れたと思っていましたが、こちらのほうが売れていたんですね。

 

バーチャファイター2

1995/12/1

セガ 6800円

130万本

サターン初のミリオンセラーとなった名作3D格闘ゲーム。

1からの圧倒的なグラフィックの進化に度肝を抜かれましたね~。

アーケードに登場した翌年には、サターンに移植されております。

移植度もとても高く、そりゃ売れるのもよく分かります。

セガサターン本体の販売台数にも大きく貢献したことは間違いなく、

これがやりたいがためにサターンを購入した人も多かったでしょう。

アストロシティミニには、バーチャファイター2を是非とも収録してほしかった><;

 

【こっちもお薦め!】