switchオンラインで遊べるスーファミゲームその1
Pocket

ニンテンドーswitchを既に持っている方はご存知かと思いますが、

switchの任天堂オンラインに加入すると、いくつかのファミコン、スーファミソフトを無料で遊ぶことができます。

しかも、このソフトは定期的に配信され、

今では、スーファミ30本以上

ファミコンソフトは50本以上もあります。

もはや、switchのソフトを買わなくても十分楽しめますね。

特に、ファミコン、スーファミ世代のオッサン達にはありがたいですよね~^^

レトロゲーム世代のオッサン達を上手く取り込んだのも、switchが売れている大きな要因の一つであることは間違いないでしょう。

あと、リアルでグロいゲーム、残虐なゲームなどは苦手、あまりやる気がしないという、私と同じ考えの方も、XBOXやPS4よりもswitchの方がおすすです。

今回は、ニンテンドーswitchで配信されているスーファミソフトをまずは10本紹介して行きます。

ニンテンドーswitchを持っていない

ニンテンドーswitchの購入を迷っている

レトロゲームが好き

ファミコン、スーファミ世代

という方は、是非参考にしてください。

 

ニンテンドーswitchで遊べるスーファミソフト紹介その1

 

パイロットウィングス

1990/12/21

任天堂  8000円

スーファミ初期に発売された、フライトシミュレーションゲーム。

ゆっくりノンビリと進む内容に、初めは微妙な印象でしたが、やればやるほどハマっていく良作品。

恐らく、スーファミ世代は一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。

激しいアクションやシューティングもいいですが、こういうゲームも良いですよね。

ブレスオブファイア 竜の戦士

1993/4/3

カプコン 9800円

カプコンの初のRPG作品と言う事で注目を集めた作品。

黒龍族を倒すために仲間を集めて冒険の旅に出るという、王道ストーリーです。

RPGとしてはオーソドックスな設定でシステムもシンプルなので、初めての方でも遊びやすいですね。

 

星のカービィ3

1998/3/27

任天堂  4800円

スーファミ後期に発売された、任天堂の人気アクションゲーム3作目。

90年代後半ともなれば、世間はプレステやセガサターンなどの第5世代ゲーム機が主流で、既にスーファミは時代遅れ感がありましたよね。

その時に発売された作品なので、このゲームを知っている方は、それほど多くはいないはず。

しかし、内容はとても面白く、今やっても新鮮で楽しめます。

優しい世界観と可愛らしいキャラクターで、子供と一緒に遊ぶのにも良いですね。

 

ラッシングビート乱 複製都市

1992/12/22

ジャレコ 9600円

ジャレコのファイナルファイトとも言える、ベルトアクションゲーム第二弾。

カプコンのベルトアクションと比べるとイマイチな点もありますが、ジャレコにしてはそれなりに面白く、今でも無難に楽しめます。

ラッシングビートは、この続編となる「修羅」が非常に面白いので、是非そちらも配信してもらいたいですね。

 

ワイルドトラックス

1994/6/4

任天堂 9800円

ポリゴンを使った3DCGで制作されたレースゲーム。

三次元空間の描画を行うスーパーFXチップが搭載されたソフトとしては2作目。
(1作目はスターフォックス)

しかし、当時はあまり売れなかったようで、知名度もそれほど高くはありませんでしたね。

マリオカートなどとは、操作性が異なり一味違ったレースが楽しめます。

スーパーメトロイド

1994/3/19

任天堂  9800円

言わずと知れた、任天堂の人気SFアクションゲーム。

シリーズとしては3作目にあたり、ストーリー的にはゲームボーイで発売されたメトロイド2の続編。

スーファミの性能を活かした新たなアクションが追加され、今やっても十分楽しめます。

今回も短時間でクリアすると、エンディングでサムスの有難いお姿を拝むことができますよ(´-ω-人) アリガタヤ~

日本でも人気がありましたが、それ以上に海外での人気、評価が非常に高い作品。

ゼルダの伝説 神々のトライフォース

1991/11/21

任天堂 8000円

こちらも今更説明する必要もないくらい有名なタイトルで、スーファミ屈指の名作と言っても過言ではないでしょう。

まさかこれが無料で遊べるとは、さすが任天堂!

私はスーファミ時代に何度もクリアし、スーファミミニでも遊びましたが、switchでもまた遊んでいます。

何度やっても楽しい作品ですね。

日本だけでなく、海外での評価も高く、SFC名作ソフトTOP100ランキングで第1位に選ばれることも。

戦え原始人3

1994/2/18

データイースト 8500円

原始人が主人公の人気横スクロールアクションゲーム第3弾。

2作目の可愛らしい原始人が非常に評判が悪かったのか、1作目のキャラクターが再度主人公として復活しています。

また、お買い物をしたり、トロッコや恐竜に乗ったりと、色々追加要素も豊富。

マリオ的な軽快で分かりやすいアクションゲームなので、初めての方でも見ただけですぐに楽しめるでしょう。

 

超魔界村

1991/10/4

カプコン 8500円

カプコンの鬼畜ゲーム、魔界村のスーファミ版。

面白いのですが相変わらず難易度が高く、一筋縄ではいきません。

しかも、真のエンディングを見るには、またも2周しなければならないという鬼畜な設定。

「腕輪持っておけよ(# ゚Д゚)!」っと、姫に怒りを覚えた方もきっと多かったはずw

まともにやれば、クリアするのはかなり厳しいですが、switch版はどこでもセーブや巻き戻し機能がありますので、時間と根気さえあれば誰でもクリアは可能。

難しすぎて、スーファミ時代はクリア出来なかった!という方は、switch版で是非試してみてください。

デモンズ・ブレイゾン 魔界村紋章編

1994/10/21

カプコン 9800円

魔界村屈指の(嫌われ)強敵キャラ、レッドアリーマーが主人公のアクションRPG最終章。

今回は紋章の力を使った様々なアクションが追加されています。

操作方法もかなり個性的で、相変わらず難易度が高いですね^^;

 

【こっちもお薦め!】