本編以上にハマった!名作ミニゲーム特集
Pocket

今回は懐かしのレトロゲームの中で、

本編以上にハマった!名作ミニゲーム

についてお伝えしていきます。

本編ストーリーとは直接関係ない、お遊び的なものですが、中には本編以上に時間を費やしたミニゲームもありましたね。

今回は、個人的にはまったミニゲームについて熱くウザく語っていきますので興味のある方は、是非見ていってください。

本編以上にハマった!名作ミニゲーム特集

 

「ゲームセンター」 がんばれゴエモン雪姫救出絵巻

1991年7月19日 スーパーファミコン

コナミ 8800円

コナミの人気アクションシリーズ、がんばれゴエモンのスーファミ初作品。

本作は、クイズやブロック崩し、競馬、モグラたたきなど、色々なミニゲームを楽しめたり、アルバイトや丁半博打のギャンブルなどでお金を稼ぐことができます。

ゲーム内容の評価も高い作品ですが、これらミニゲームも人気でしたよね。

そして、その中でも当時の子供たちを最も興奮させたのが

ステージ3「からくり遊園地」にあるゲームセンターの

グラディウスでしょう。

しかも、ファミコン版ではなくアーケード版に近い設定で、長くて貫通力のあるレーザー、火山の下から出てくるビックコアには感動しましたね。

1面しかない上に意外と難易度は高く、しかも、クリアしたところで何ももらえませんが、当時はこのステージに来るたびに毎回遊んでいました。

おかげで毎回金欠でしたね。

お金が無くなり仕方なく諦めるところは、実際にゲームセンターと同じでしたw

「すごろく場」 ドラクエⅢ

1996年12月6日 スーパーファミコン

エニックス 8700円

新たな職業「盗賊」が追加されたりなど、評価も非常に高いスーファミのリメイク版ドラクエⅢ。

スーファミ後期の作品の為、意外と知らない人も多いですよね。

今作には、ファミコン版にはなかった「すごろく場」が新たに登場しています。

ゴールまでたどり着くことは難しいですが、見事ゴールすると豪華な景品や装備がもらえたり、道中で小さなメダルが拾えたりします。

ドラクエⅢは人気作なので、これまで様々なプラットフォームで復刻しています。

スーファミ、ゲームボーイス、DS、スマホ、switchなどなど。

しかし、残念なことに、このすごろく場が存在するのはSFC版と、その移植のゲームボーイ版のみ。

それ以外では、無かったことになっているのが残念ですね。

「カジノ」 ドラゴンクエスト4以降のシリーズ

ファミコン、スーファミ、プレステ

ドラクエのミニゲームと言えば、やはりカジノですよね。

景品で、はぐれメタル系の防具が手に入るなど、運よく序盤で手に入れることができれば、バランス崩壊するくらい序盤からヒャッハーできます。

スロットマシーン、ポーカー、スライムレースなど、シリーズによって遊べるゲームが色々あるのも楽しいですよね。

しかし、当然ですが、ギャンブルなんてそう上手くいくことはありません。

新しい装備を買うお金も、全てカジノに使ってしまった人も多かったことでしょう。

ホントギャンブルって怖いですよね。

「チョコボレース」 ファイナルファンタジー7

1997年1月31日 プレイステーション

スクウェア 7140円

シリーズの中でも、特に人気の高いFF7。

FF7では、野生のチョコボを捕まえて育成し、レースに出すことができます。

そして、Sランクまで勝ち進むと、希少なマテリアなどがもらえたりします。

ストーリ上、一度はチョコボレースに乗ることにはなりますが、それ以降はレースに出なくても特に問題はありません。

あくまでミニゲーム的な扱いなので、レースのランクを上げなくてもクリアはできますが、やり込む方にとってはチョコボレースは必須ですよね。

というのも、今作で最も強力な召喚魔法の「ナイツオブラウンド」は、海チョコボでしか行けない場所にあります。

そして、海チョコボを作るには、優秀なチョコボを捕まえ育てレースでAランクまで上げる必要があります。

この海チョコボ作成のために、元気なチョコボを各地で探し求めた人も多かったでしょう。

優秀なチョコボならある程度育てれば負けませんが、たまに登場する黒いチョコボに乗ったライバル、トウホウフハイだけはメッチャ強かったですね~^^;

「スノボゲーム」 ファイナルファンタジーⅦ

ゴールドソーサーのゲーセンでは色々なゲームを遊ぶことができます。

腕相撲やバスケなどもありますが、その中でも最も人気だったのはスノボゲームでしょう。

このスノボゲームが驚くほど良くできており、かなりハマります。

タイムアタックが特に熱く、マリオカートのタイムアタックなみに当時は友達同士でタイムを競い合っていました。

ちなみに、仲間にティファを入れておくと、キャラをティファに変更することができます。

ゴールドソーサー自体は中盤ですぐに行けるのですが、他にずーっと遊んでいるNPCがいるので、残念ながらスノボゲームを遊ぶには終盤になってから。

スノボゲームがやりたい方は、頑張ってストーリーを終盤あたりまで進めましょう。

「カードゲーム」 ファイナルファンタジーⅧ

1999年2月11日 プレイステーション

スクウェア 8190円

個人的にファイナルファンタジーシリーズで、最も駄作と思っているFFⅧ。

当時の評価もかなり低く、ストーリーからキャラクター、システムまで何から何まで、低評価だったことを覚えています。

私の周囲の友人たちの評判も悪く、ほとんどが途中で挫折するか、速攻で中古ショップに売りに行ってましたね。

イケメンと美少女しか登場しない学園ドラマ風の薄いストーリー、分かりづらいシステム、何度も見せられる召喚獣の長いデモシーン。

実際、世間の評価もかなり悪かったようで、本作の低評価の影響は後々まで響き、この後の9から売り上げ本数が一気に下がったのは有名です。

グラフィック以外は7から遥かに劣化している本作ですが、唯一、カードバトルだけは楽しかったです。

カードバトルは、手持ちのカードで対戦するミニゲーム。

対戦相手に勝利したり、敵からのドロップでカードを入手することができます。

四角ボタンで話すことでカードバトルを申し込むことができるため、新しい町に行ったら、とりあえず全員に四角ボタンで話しかけてました。

レアの強いキャラカードを手に入れたときは、嬉しかったものです。

本編は全く面白くなったのでストーリーは全然覚えていませんが、このカードゲームだけは必死にやってました。

FF8の魅力はグラフィックとカードバトルのみ、と言っても過言では無いでしょう。

FF8に関しては、これまで散々ぼろくそ言っていますが、逆に、ちょっと変わったRPGをやってみたいという人には良いかも。

なので、王道RPGが好きな方にはお勧めできませんが、少し変わったRPGをやってみたい方は、試してみる価値はあるかもしれませんね。

「ゲームセンター」 シェンムー1章

1999年12月29日 ドリームキャスト

セガ 6800円

オープンワールドの元祖とも言われている、ドリームキャストきっての超大作。

その制作費は、なんと70億円とも言われています。

オープンワールドらしく、主人公は町の中の住人から色々情報を集めていく内容でが、町の中には昔ながらのスナックや個人商店、そして、ゲームセンターも存在します。

このゲームセンターは、店先に置いてあるガチャガチャも実際に出来ますし、店内のダーツやパンチングマシーンなども遊べます。

その中でもセガファンを驚かせたのは、やはりハングオンとスペースハリアーでしょう。

この二つのゲームは、普通にアーケード版を遊ぶことが可能。

お小遣いをもらったら、即ダッシュでゲーセンに行ってましたw

「ブリッツボール」 ファイナルファンタジーⅩ

2001年7月19日 プレイステーション2

スクウェア 9240円

FF10といえば、ユウナ可愛い!という意見も多いですが、個人的にはブリッツボールのイメージの方が強いです。

(あと、個人的にはユウナよりリュック派!)

ブリッツボールとは、6人で水中で戦うサッカーとハンドボールを合わせたような球技。

ゲームのシステム的には、テクモのキャプテン翼シリーズに似ていますね。

このブリッツボールがかなり面白く、FWやDF、キーパーなどチームメンバー編成も、各地で自分でスカウトするため、愛着も沸きます。

ストーリー上、かならずやらなければならない!ということはありませんが、ワッカの最強武器はこのブリッツボールで優勝しなければもらえません。

その為、必死にブリッツボールのメンバーを各地からかき集めました。

特に、ティーダのジェクトシュートは強かったですね!

ちなみに、X2でもブリッツボールはありますが、1とは比べ物にならないくらい改変されており、全く馴染めませんでした。

X2は、

「どうせお前ら、こういうのが好きなんだろう~?」

という、制作側の上から目線のあざとい考えが見えるので、ホント嫌いでした(#^ω^)

「マーセナリーズ」 バイオハザード4

2005年1月11日 プレイステーション2

カプコン 7480円

カメラワークや射撃スタイルなどシステムが一変した、シリーズの中でも特に評価の高い作品。

本編が面白いのは当然ですが、バイオシリーズらしく、クリア後のお楽しみややり込み要素も豊富で、何度も遊べます。

そして、クリア後、最もハマるのが、THE MERCENARIES(マーセナリーズ)でしょう。

制限時間内に敵を倒しポイントを稼ぐ内容で、要するに、ひたすらバトルを繰り返すミニゲーム。

レオン以外にも、エイダやクラウザー、ウェスカー、そしてハンクまでも登場します。

バイオ2からやっている人にとっては、このアンブレラの工作員で死神と呼ばれているハンクの登場は驚きでしたね。

当時はかなりハマったのですが、さすがに最近のFPS、TPS系のゲームとは操作がだいぶ異なるため、今やると大分やりにくさもあります。

特にエイム操作が、かなりやりにくいですね~。

switchでも安価にリメイクされているので、今から遊ぶならそちらの方が良いでしょう。